競馬の勝ち組の人は、みんな共通で期待値から回収率100%になる手法を確立してます。

的中率と回収率の違いとは?

 

競馬の醍醐味は予想して購入した馬券を的中させる事です。
しかし、競馬で稼いでいるプロやセミプロは的中率をあまり気にしていません。

 

競馬をギャンブルや投資として捉えるのであれば、的中率は低くてもいいので回収率を100%以上にする事を目指します。

 

 

期待値を考慮して、手法を考える

 

競馬で儲けるには期待値から算出した勝てる手法を確立する事が必要不可欠です。
ギャンブルにはビギナーズラックや一発逆転という言葉があります。素人でも勝負したレースを全てプラス収支にしたり、万馬券を、的中する事もあります。

 

しかし競馬は結果オーライで、深く考えずに馬券を買い続けていくと、よほど馬を見る目が優れていない限り、どこかでマイナス収支に転落します。
競馬の勝ち組の人は、みんな共通で期待値から回収率100%になる手法を確立してます。

 

例えば膨大なデータの中で特定の条件が揃った時の勝率や、連対率、3着内率が30%だったとします。この場合はオッズが3.5倍以上を見込めるのであれば回収率100%になります。
仮に苦労して導き出した買い目が期待値に沿わないくらい低いオッズになれば見送るのがプロの馬券の買い方です。

 

同様に、信頼できる量のデータや経験上の勘で数パーセントでも勝てる見込みがある馬は、それに見合うオッズが付いていれば穴馬でも積極的に馬券を購入する事が求められます。

 

競馬新聞

 

 

回収率を求めるのであれば、ロッドを一定にする事が無難

 

競馬に勝つ手法は様々で、なかには馬券が外れる度にロッドを上げていって、的中した時は必ずそれまでの損失を取り戻してプラス収支にする「追い上げ」という手法もあります。

 

しかし、ロッドを変動する手法は難しい事が多く、特に追い上げのような、どんどん購入金額を上げていく手法は、想定以上に連敗しても勝負を続けられるだけの資金力マイルールを破らない精神力が必要です。
もし、負けた状態で資金力が底をついてしまうと、簡単には取り戻せないような金額に損失が膨らむ事もあるので注意しましょう。

 

できれば、データ分析などで、プラス収支になる期待値の買い目を同じロッドで追い続けていった方が無難な投資法になります。

 

1番やってはいけないのが、不的中で損失を出した時に冷静さを失い、マイルールや当初予定していた買い目を変更したり、ロッドを大幅に上げるなと、1レースでそれまでの損失分を簡単に取り戻せない事を理由に、根拠もなく万馬券狙いやロッドを大幅に上げるなど、路線変更して、感情投資をしてしまう事です。