投資や資産運用として競馬に本気で向き合えば、誰でも全体の3%の勝ち組に入ることが可能です。