大穴狙いと手堅い予想では、どちらの期待値が高いのでしょうか?

穴狙いと固い馬券、どちらが儲かる?

穴狙いと堅実な馬券を選択するイメージ

 

穴狙いと固い馬券を比較した場合、券種が変わらなければ期待値は同じ。
3連単と単勝・複勝を比較すれば払戻率の関係から単勝・複勝の方が有利です。

 

ただし、馬券のオッズは実際の販売状況によって変動するため、穴狙いの方がオッズの割に期待できる買い目を見つけやすいと言われています。
レースのグレードによっても穴狙いと固い馬券の優劣が変わることを覚えておきましょう。

 

単勝・複勝は期待値が高い

 

中央競馬は馬券の売上に対する払戻率(還元率/ペイアウト率)が、券種によって次のように定められています。

 

  • 単勝、複勝 … 80%
  • ワイド、枠連、馬連 … 77.5%
  • 馬単、3連複 … 75%
  • 3連単 … 72.5%
  • WIN5 … 70%

 

参考元URL JRA 馬券のルール

https://www.jra.go.jp/kouza/baken/index.html

 

シンプルに期待値を追い求めた場合は、ある程度人気上位馬の単勝か複勝を買った方が有利です。
穴狙いの場合は、単勝・複勝よりも複数の馬と組み合わせる馬券との相性が良いので、払戻率が低くても高額配当を狙える券種を活用するとよいでしょう。

 

穴狙いの3連単が狙い目

 

3連単の的中確率は単純計算で4896分の1のため払戻率が低いですが、買い目の総組み合わせ数が多いので、馬券購入資金が分散されやすいです。
ロクな分析もせずに馬券を買っている人や、適当に総流し・BOX買いをする需要があるため、期待値が高いのにオッズも高い狙い目馬券が多いですよ。

 

ただし、的中させる難易度が高いため、購入点数を増やすなど買い目の算出に高度なテクニックを求められます。
あくまでもプロ級の腕前を持った馬券師が予想することが前提ですが、3連単で大穴・中穴狙いで馬券を買う方法が、もっとも儲かりやすいです。

 

グレードによる違い

 

競馬はG1など注目度が大きいレースになるほど平均配当が低くなると言われています。
その要因は競馬新聞など多くのメディアが徹底的に分析を行い、期待値の高い競走馬の情報が広く知れ渡っているからです。

 

新聞やテレビ、大手サイトの予想印で◎がついた馬に資金が集まっていくので、あえて大方の予想とは異なる結果になる波乱のレースを見極めることができれば、儲かるチャンスがあります。
ちなみにビッグレースやスターホースが出走するレースでは、人気馬のオッズが低くなりすぎることがあるので、固い馬券のオススメ度は低いです。

 

条件戦など注目度が低いレースは平均配当が高いですが、実力がある人気上位馬なのにオッズが高めの馬を狙うとよいでしょう。
実力が高いのにメディアで注目されていない理由で、高配当が付きやすいお宝馬券がたくさん眠っていますよ。

 

結論:どちらでも儲かる

 

どちらもちゃんと儲けがでる

 

穴狙いと固い馬券はどちらでも儲かります。
G1や重賞などのメイン競走であれば、稀に起こる波乱のレース展開を予想してみるとよいでしょう。

 

固い馬券は期待値の割にオッズが付きやすいレースを選定できるかが重要です。
どちらにも共通しているのは、重賞のみや全レースをひたすら同じ手法で馬券を買い続けても儲かりません。

 

穴狙いなら本当に荒れそうなレースだけを厳選。
固いレースなら本命決着が濃厚で、なおかつオッズもそこそこ付くレースを見極めましょう。

 

このように手法に応じて期待値が高いレースを見極めることさえできれば、穴狙い・固いレース狙いのどちらでも結果を残すことができます。