なるべく節約して馬券を買うには?~少ない軍資金で利益を生む買い方

少ない軍資金で勝つなら当たりやすい券種を絞り込むべき!馬券の節約術

節約して馬券を買うには、当たりやすい券種を使って購入点数を絞り込むことです。まずは本命決着の堅いレースを小点数で的中させていくことを目指しましょう。フォーメーションなどで3連単の購入点数を絞り込む手法もありますが、難易度が高いので初心者にはオススメできません。

節約して馬券を買うには?

 

なるべく節約するイメージ

 

競馬で稼ぎたいけど軍資金は少なくしたい。
そう思っている方が多いのではないでしょうか?

 

節約して馬券を買う場合は購入点数を絞り込む必要があります。
ただし、同じ券種で購入点数を低くすれば的中率も低下します。

 

少ない軍資金で効率良く勝負したい場合は、幅広い券種の活用やフォーメーションを上手に使うとよいでしょう。

 

当たりやすい券種で重点勝負

 

3連単で購入点数を広げた結果、的中したのに損失を出してしまう。
これを俗称で「トリガミ」と呼び、初心者や中級者に多く見られます。

 

3連単の多点数買いは人気薄の組み合わせになった際に高配当を期待できますが、購入点数が増えてしまい、本命決着だと利益が出にくいデメリットがあります。
それであれば、3連複や馬単、ワイドなど当たりやすい券種で重点勝負した方が効率的です。

 

3連単3頭BOXと3連複1点買い

 

分かりやすい事例として、同じ馬番号の3連単3頭BOXと3連複1点買いは的中条件が同じです。
この場合、オッズが高い組み合わせであれば3連単有利。
オッズが低い組み合わせなら3連複1点買いの方が利益が大きくなります。

 

以下の事例をご覧になってみてください。

 

3連単
  • 1→2→3 … 5倍
  • 1→3→2 … 10倍
  • 2→1→3 … 20倍
  • 2→3→1 … 30倍
  • 3→1→2 … 35倍
  • 3→2→1 … 70倍

 

3連複
  • 1-2-3 … 4倍

 

3連単3頭BOXは購入点数6点。
最低でも600円が必要になりますが、3連複1点買いなら100円から勝負できます。

 

3連単3頭BOXの1点100円と3連複1点600円で比較した場合、オッズ24倍超えになれば3連単の方が利益の出る計算です。
紹介した事例では、1番が1着に来る可能性が高いと見ているのであれば、3連単BOXよりも3連複で重点的に勝負した方が大きな利益を期待できます。

 

BOX・総流しは使わない

 

馬券が的中する確率

 

波乱のレースを予想する場合はBOX買いや総流しで購入点数を広げる手法も効果的ですが、節約して馬券を買うのであればおすすめできません。
購入点数を広げたい場合は、フォーメーションか相手を絞り込んだ流し買いを活用するとよいでしょう。

 

流しは、軸を決めて相手を選択する買い方です。
馬連で軸1・相手2.4.8だった場合、1-2・1-4・1-8の3点になります。

 

フォーメーションは主に3連単で使う買い方で、1着、2着、3着の馬を個別に指定します。

 

なんとなくフォーメーションで買い目を絞り込むのではなく、この馬は実力を出し切れれば圧勝するけど、
気性が荒くて走らない時は全然ダメなので1着以外には組み入れないなど、馬の特性や展開を考慮して買い目を組み立てないといけません。

 

効率的な馬券にするならフォーメーションか流し買いがおすすめですが、初心者・中級者の方はBOX・流し・フォーメーションを使わずに、当たりやすい券種で重点的に勝負した方が無難ですよ。

 

まずは堅いレースで勝負するのが無難

 

馬券を節約したい場合は、本命決着が予想される堅いレースを絞り込み、単勝・馬連・3連複・ワイドなどで購入点数を絞って勝負するとよいでしょう。
穴狙いになれば必然的に購入点数を広げる必要があり、買い目を効率的に絞り込むにはコツが必要です。

 

まずは堅いレースを当たりやすい券種、少ない購入点数で着実に利益を積み上げることを目指してください。
安定して利益を出せるようになったら、ロットを増やしていくか余力資金の一部を使って穴狙いの馬券も組み入れていくことでガッツリ稼げるようになりますよ。